未分類

メンズ脱毛でヒゲの処理を行う際のデメリット

更新日:

あなたは無駄なヒゲを脱毛したいと思った事はありませんか?

かつては男性の象徴と言われたヒゲも今や伸ばし方や処理しだいでは不潔と言われる時代、メリハリの利いたヒゲのケアを心がけたいものです。

それでもあなたは、ただヒゲを電動シェーバーで剃っているだけですか?

それだと長期的にはヒゲの毛穴にフケなどが溜まり、ヒゲだけでなく加齢臭のもとになることもあります

これは社会に顔を見せる男性としてはいただけません。

では、昔ながらの髭剃りとシェービングローションで剃りますか?これだと毛穴はより綺麗になりますが、肌を傷めてしまいます!やはり個人ではヒゲの処理は限界があるようです。

それでは、ヒゲの脱毛に行くとして、あなたはどこがいいと思いますか?いきなり美容外科などは敷居が高いとお考えのあなた、ついつい手軽にメンズエステなどの脱毛コースに足が向いてしまうでしょうか。確かにそれでうまくお望みの結果を得られるかも知れません。しかし、メンズ脱毛でヒゲの処理を行うと、様々なデメリットがあるのです。

例えば、ヒゲを脱毛ワックスで処理した場合、除去されるのはヒゲの毛根だけでなく、周囲の組織も同時に少しずつ引きちぎられてしまいます。そうなると、その部分の組織が回復する際に周囲の皮膚にひずみが生じて、満足のいく結果にならなかったりします。

また、ヒゲの毛穴にあるのはヒゲと毛根だけでなく、皮脂腺なども開口しています。ヒゲが除去されるとその部分の皮膚は閉じようとしますが、中で皮脂腺は分泌を続け、更に毛穴の表面の組織も老廃物を出し続け、内部で粉瘤を生じてそれが多数発生したり、さらにそれらが繋がる事も!こうなると、更に皮膚科で粉瘤やひげくさと呼ばれる連続したおできを除去しなければならない事もあります。

この時代、もみ上げの延長部分や喉のヒゲなどは濃過ぎると嫌われる部分です。しかしこれらの部位がある皮膚組織は繊細ですので、無理な脱毛を行うと容易に傷めてしまいます。

やはりヒゲを脱毛するためには、毛穴1つ1つに作用してそれを除去し、更に毛穴に付属する各組織もきれいに取り除いて後遺症を残さない手術をお薦めする所です。以上のことから、あなたの体の一部であるヒゲを除去するのに、安易にメンズ脱毛のみに頼ってしまうのは、様々なリスクを伴うことになります。

一方で、メンズエステと美容外科で、その費用差は微々たるものです。このように安全面からも費用面からも、メンズ脱毛でのヒゲの処理を行う際にはデメリットがあるわけです。

-未分類

Copyright© 口下ヒゲ脱毛をメンズTBCで体験してみた。 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.